2021/10/22 (金) 03:55 診療時間外です。朝9時から受付け開始いたします!

循環器の病気

犬の僧房弁閉鎖不全症

高齢の小型犬に多い心臓病で、病院での聴診時に心臓の音に異常(心雑音)があることで発見されることが多いです。心臓の左心房と左心室の間にある弁(僧房弁)が変性することによって血液の逆流が起こり、適切な血液の循環ができなくなります。小型犬の多い日本では常に犬の死因の上位を占めている疾患です。

■症状

初期には明確な症状はみられず、疲れやすい、運動を嫌がるなどのはっきりしない症状がみられます。これは単なる“老化”と勘違いされてしまうことが多いため注意が必要です。進行すると咳が出たり、腹水や胸水がたまってくることもあります。肺に水がたまる肺水腫という状態になると、重度の呼吸困難をきたし死の危険があります。

■診断

レントゲン検査・心臓超音波検査によって診断します。

■治療

・内科治療

僧房弁閉鎖不全症の原因を治すことはできませんが、各種の薬を使って心臓の負担を軽くし、症状を抑え込むことを目標とします。症状に応じて強心薬、利尿薬、血管拡張薬、降圧薬などの各種薬剤を使用します。

・外科治療

一部の高度医療機関では、手術によって僧房弁を修復する手法がとられることがあります。しかし現状では、そうした施設が非常に限られていることと、高額な医療費が問題となり一般的には普及していません。当院では心臓の外科治療には対応していませんが、ご希望があれば実施可能な施設をご紹介いたします。

■予防

僧房弁閉鎖不全症の予防方法は現在のところ確立していません。しかし、症状が出る前に治療を開始することにより、大きく余命を伸ばすことができることが明らかになっています。心臓の雑音を指摘されたら、定期的に検査を行って状態を把握し、適切なタイミングで治療を開始することが推奨されます。

猫の肥大型心筋症

猫ちゃんの心臓疾患として最も多いのが肥大型心筋症です。心臓の筋肉が分厚くなって動きが悪くなることで血液をうまく送れなくなる病気です。一部の猫種(メイン・クーン、ノルウェージャン・フォレスト・キャット)は遺伝子異常によってこの疾患を発症しやすいことが知られていますが、他の品種でも発症します。

■症状

初期は無症状ですが、運動時や緊張したときにハアハアと口を開けて呼吸する様子が見られることがあります。進行すると肺や胸の中に水がたまって呼吸困難を起こすことがあります(うっ血性心不全)。また、心臓の中に血栓ができ、これが体の各部位の血管に詰まることがあります(動脈血栓塞栓症)。血栓が股の付け根の動脈につまると突然後ろ足が動かなくなるなどの症状が見られることがあります。また、前触れのない突然死も起こりえます。

■診断

心臓超音波検査によって心筋の肥大を確認します。肥大型心筋症では心臓の雑音が聞こえない例も多いため、聴診だけでは見逃してしまう可能性がある点には注意が必要です。

超音波検査で心筋の肥大がみられた場合、原因となる他の疾患(高血圧症、甲状腺機能亢進症)を否定するために血圧検査、甲状腺ホルモンの測定を行います。

■治療と予防

心不全の症状がある場合は利尿薬や強心薬を使用します。また、血栓のリスクが高い場合には抗血栓療法を行います。多くは原因不明の疾患であるため、外科手術を含め根本的な治療法はありません。また一部の遺伝性のものを除き予防方法も確立していません。早期発見によって突然死や動脈血栓塞栓症のような重症の合併症を予防することが大切です。

こちらから今すぐご予約!

» 診療時間を見る