2020/10/29 (木) 13:30 只今、お昼休憩中です。午後診療は16時から始まります!

ウサギ・齧歯類(ハムスター等)診療科

齧歯類(ウサギ・ハムスター)の診療

齧歯類(ウサギ・ハムスター)診療科の理念

立石動物病院では、爬虫類を専門で診る獣医師と提携し、より積極的な爬虫類の診療を行います。

外界の温度の変化によって体調を崩しやすい爬虫類達ですが、東京都でもなかなか見れる病院は少ないため、お困りの飼い主様は多いです。

立石動物病院では、爬虫類を専門で診る獣医師と連携することで、爬虫類に対する高いレベルの獣医療を提供していきます。

齧歯類(ウサギ・ハムスター)を診る獣医師のコメント

自分自身ウサギやハムスターなどを飼った経験から、彼らについての環境や病気についての情報がほとんど得られず不安なことが多いことが身に染みて分かります。

私は、病気を治療することはもちろん、動物や飼い主様の悩みを解消するアドバイスもさせていただければと思っております。(写真:デグーの診察をする様子)

齧歯類(ウサギ・ハムスター)で気を付ける疾患

齧歯類(ウサギ・ハムスター)に多い三つの疾患

齧歯類(ウサギ・ハムスター)の不正咬合

齧歯類はその歯の性質上、口内のトラブルが多いです。歯並びなどが原因で上下の歯がうまくかみ合わず、食べ物をうまく食べる事はできなくなったりします。

齧歯類(ウサギ・ハムスター)の鼻炎(スナッフル)

ウサギに多い疾患です。細菌性の鼻炎が鼻腔全体に広がります。鼻水が流れ続ける事が主な症状です。

齧歯類(ウサギ・ハムスター)の皮膚炎

ハムスターに多い疾患です。ハムスターが身体をしきりに掻いていたり、カサブタなどの皮膚状態が気になる時は甘く見ずにすぐにご相談ください。

齧歯類(ウサギ・ハムスター)診療のご相談

ご相談はお電話かLINEから

ハムスターやウサギなどの齧歯類の様子が普段と違うときや、健康状態をチェックしたい時は、LINEかお電話からお気軽にご相談ください。

※曜日によっては、ご希望の獣医師が休んでいる場合がございます。あらかじめご了承下さい。

こちらから今すぐご予約!

» 診療時間を見る