2020/11/25 (水) 19:06 診療時間外です。朝9時から受付け開始いたします!

ニュース

【症例紹介】蛋白漏出性腸症

術前

症例

動物種:犬

品種 :ヨーキー

性別 :避妊メス

年齢 :8歳9ヶ月

体重 :2.7kg

主訴

定期的な軟便があり、突然元気食欲がなくなり腹水がたまってしまった。ステロイドにより症状は落ち着いてはいる。飼い主は原因の追究を希望したため、比較的動物に対して負担が小さい内視鏡検査を実施。

検査

 麻酔前検査として血液検査を行った上で、麻酔下にて軟性内視鏡をいれた。

腸の観察及び生検(腸の一部を取ってくること)を行い、病理検査を行った。

診断

リンパ管拡張症を伴う蛋白漏出性腸症

治療

検査の結果、内科的な治療が適していると判断。ステロイドを継続し、徐々に薬の減量を行う。

術後

ステロイドを継続し、徐々に薬の減量を行っていく

 現在は便の状態も血液検査も異常はない。予後は良好といえる。

参考写真

「前のページ」に戻る

こちらから今すぐご予約!

» 診療時間を見る