いつものきみが好き
    立石動物病院

地域密着型の医療をお届けします。

立石動物病院 紹介

3つの特徴

  • 1. 信頼の獣医
    海外や国内の高度医療施設で研鑽を積んだ、信頼できる獣医師が診療にあたります。院長の辻は、高度医療を提供する足立区の梅島動物病院での勤務経験から、血液科や消化器内科の診療を得意としています。
    また、川村動物病院の獣医師と連携することを通じて、複雑な外科手術に対応できる体制を築いています。

  • 2. 地域密着
    15年以上、葛飾区・立石で診療してきた経験を生かし、地域に密着した獣医療を届けます。立石大通り商店街と近く、地元の方々に育てていただいた病院です。
    何代にも渡って病院に通って下さる患者様との交流を大切にすることで、地域に根差した医療を提供します。

  • 3. 誠実な対応
    検査結果や診断結果を実際にお示ししながら、わかりやすく丁寧な診療をお届けいたします。例えば、超音波の画像を実際にお見せしながら、どこに異常があり、どんな治療の選択肢があるのかをわかりやすくお伝えしています。

立石動物病院 スタッフ紹介

<常勤獣医師>

院長 辻 みつき
はじめまして、前任の平田哲也先生・聡子先生から縁あって病院を引き継がせていただきました、辻みつきと申します。
日々進んでいく獣医療の中で治療方法も多岐にわたる今、その時その子にそのご家族に一番いいのはどういった方法なのかを一緒に考えながら診察させていただければと思っています。
話せない動物たちに少しでも苦痛が少なく、飼い主様にとっても連れてきやすい環境を整えていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

<略歴>
日本大学 獣医臨床病理学研究室卒業
足立区の梅島動物病院にて、1次診療及び高度な紹介症例の診察に従事
得意分野:外科、血液科、皮膚科、腫瘍科、消化器科
愛猫:ぽかり

獣医師 杉野 悠
言葉を話すことのできない動物の気持ちを一番に考え、飼い主様と動物たちの生活がより良いものになるよう診療を通じて少しでもお手伝いできたらと考えております。
皆様の大切な動物のために、真心をこめて診療・治療をさせていただきますので、どうぞよろしくお願い致します。
<略歴>
北里大学獣医畜産学部卒
2012年より立石動物病院勤務

<非常勤獣医師>

獣医師 渡利真也(グループ病院長)
はじめまして、立石動物病院の系列病院となる川村動物病院の院長・渡利と申します。
私のモットーは「動物と人に優しく」、地域密着型の医療を届ける事です。海外や日本の高度医療施設で研鑽した経験を生かしながら、立石動物病院の皆様のお役に立ちたいと考えております。
一つでも多くの命を救えるよう、全力で取り組んで参りますので、どうぞ宜しくお願いします。

<略歴>
東京大学 農学部 獣医学専修卒業(2005年卒業)
大阪の高度医療専門病院 ネオベッツVRセンターに勤務、ミシガン州立大学 国際外科研究員修了
カリフォルニア大学 ディビス校 比較病理 修士課程 卒業
現在、川村動物病院の院長として勤務
得意分野:整形外科、内科

<看護師>

看護師 松島 未怜
大切な家族との時間がより豊かで楽しいものとなるようサポートできればと思っております。どうぞ宜しくお願いいたします。

看護師 齋藤 那菜
「自分がこの飼い主だったら」をモットーに、常にオーナー様の立場になって動物と接することを心がけています。
ちょっとしたお役立ち情報をブログにてご紹介しているので、是非「こんな事が知りたい。」などのご要望があればお気軽にお声がけ下さい。

看護師 内田みゆき
はじめまして2015年4月から働き始めました。まだまだ覚えることがたくさんあり毎日勉強ですが、少しでも早くこの仕事に慣れるように頑張っています!飼い主様や動物に寄り添っていける看護師を目指して行きます。

看護師 片倉詩野
はじめまして。家で小さい頃から 犬・猫 を飼っていて、将来の夢は動物関係の仕事でした。大好きな動物に優しく飼い主様から頼られる看護師になれるよう日々勉強していきます。よろしくお願いします。

<立石動物病院のスター>

メイちゃん
こんにちは。メイです。私は2006年に保護されてから、この立石動物病院に住んでいます。訳があって目は見えませんが、病院内の配置は鋭い感覚で大体把握しているのが、自慢です。普段は受付のパソコン裏でひっそりと居ますので、ご来院の際はぜひ声をかけてください。

おがちゃん
2012年に小笠原諸島で保護されて、立石動物病院にやってきました。
病院のスタッフは時にやさしく、時に厳しく接してくれます。常にダイエット中ですが、なかなかやせません。
今までは診察室の中に居ましたが、最近は受付にいることも多いので、皆様に認識してもらえることが多くなってきました。

医療設備紹介

X線検査機器
デジタルレントゲンシステムを導入しています。撮影後に、素早く画面で撮影した写真を確認することができる特徴があります。
腹部・胸部の疾患(心臓病、肺水腫、膀胱結石)などの発見に有効です。
また、関節炎、骨折などの整形外科疾患の診断にも利用できます。

血液検査
貧血や感染の有無を調べるのに役立つ、赤血球・白血球の検査機器に加え、腎不全・肝不全などの異常を調べる生化学検査機器も導入しています。
また、炎症性疾患の発見に役立つCRP検査機器も導入しております。特に、胆嚢炎、子宮蓄膿症、免疫介在性関節炎、等の疾患で上がってくることが多く、素早い診断を行うことに役立っています。

超音波検査機器
高性能の超音波機器を備え、診断に役立てています。
腹部の検査では、胃、十二指腸、大腸、肝臓、胆嚢、腎臓、膀胱、副腎などを詳しく検査できます。膀胱結石や胆嚢炎などの病気に加えて、腫瘍病変の早期発見に役立ちます。また、産科では妊娠や子宮蓄膿症の診断にも有用です。
心臓の超音波検査では、犬に多い僧帽弁閉鎖不全症等の診断が可能です。
飼い主様に一緒に画像をみていただき、病気をご理解いただくことを目指しています。

内視鏡検査機器
当院では、胃・小腸の検査や、下部消化管(大腸)の検査をおこなうことができる、内視鏡を用意しています。
嘔吐・下痢の原因や胃内異物の摘出のために、内視鏡をおこなうことが可能です。また、慢性の下痢や血便の原因を調べるときにも利用します。
更に、粘膜を採取して、病理検査をおこない、リンパ管拡張症などの免疫介在性疾患や腫瘍性疾患の診断をおこなうことも可能です。

顕微鏡
高倍率の観察が可能な顕微鏡を導入しています。
皮膚病、糞便の寄生虫検査のみならず、リンパ腫、白血病、肥満細胞腫、悪性黒色腫などの腫瘍性疾患の診断にも利用しています。
モニターを使って、飼い主様にご確認いただくことも可能なため、ご理解いただいた上で診療を進めるために役立てています。

眼科検査機器
当院では、眼圧計、検眼鏡などを導入しており、様々な眼の検査をおこなうことができます。
眼圧が上がってしまう緑内障、目が白くなってしまう白内障の早期発見に役立てています。

動物用ICU装置
動物専用に作られた集中治療室を導入しています。温度、湿度、酸素濃度のコントロールが可能です。心臓病があり、肺水腫を起こして呼吸が苦しい場合や、交通事故後、手術後の回復期などに利用することができます。

診療時間

03-3695-7019

水・祝日以外
AM   9:00~PM12:00
PM   16:00〜PM19:00

水・祝日
9:30〜17:30 (予約制)

診療対象動物

犬・猫・ウサギ・フェレット
ハムスター・モルモット・その他

診療科目

皮膚科・循環器科・消化器科・泌尿器科・内科・外科・脳神経科・免疫疾患・ワクチン・その他

診療対象動物

犬・猫・ウサギ・フェレット
ハムスター・モルモット・その他

診療科目

皮膚科・循環器科・消化器科・泌尿器科・内科・外科・脳神経科・免疫疾患・ワクチン・その他

立石動物病院 スタッフブログ

アクセス

〒124-0012
東京都葛飾区立石1-21-17

大きな地図で見る

お支払い方法について

現金
各種カード使用可能
クレジットカート種類

各種保険取扱いについて
アニコム損保窓口精算対応可能
アイペット窓口精算対応可能

アニコム損害保険株式会社
アイペットペット保険対応動物病院

(診療の際は保険証を必ずご提示ください)
他各種保険対応可能

診療明細書発行

*診療報告書、経過報告書などの各種書類発行も可能です。
ご不明な点がございましたら、受付スタッフまでお問い合わせください

ライフメイト動物病院グループ
ひがし東京夜間救急動物医療センター
東京大学付属動物医療センター
calooペット
BreederONE