いつものきみが好き
    立石動物病院

地域密着型の医療をお届けします。

中毒に注意!危険な食べ物

2018年5月19日

人間が当たり前のように食べているものでもワンちゃんネコちゃんにとっては危険な食べ物はたくさんあります

今回は特に誤食が多い食べ物と、その食べ物によって引き起こされる中毒症状と危険性についてご紹介します

・チョコレート🍫 危険度:★ 🐶(🐱)
あまくて美味しいチョコレートは誤食率が高い食べ物です
チョコレートに含まれるカカオ成分が多ければ多いほど中毒を引き起こしやすくなります
症状:摂取後1〜6時間ほどでみられ嘔吐や下痢、落ち着きがなくなる
摂取量が多くなればその分症状も重くなります

・ネギ類 危険度:★★ 🐶🐱
ネギ類の誤食は意外と多い誤食です
ネギ類に含まれる成分によって血管内溶血を引き起こし貧血になります
(溶血=赤血球が破壊されヘモグロビンがでてきてしまうこと)
症状:元気低下、血尿、息が荒いなどや腹痛、嘔吐、下痢

・キシリトール 危険度:★★ 🐶
摂取後30〜60分程度で低血糖に陥ります
症状:嘔吐や傾眠、運動失調です
(傾眠=うとうとと眠そうで意識が低下している状態)
摂取量が多いと肝障害を起こす場合もあります

・ぶどうやレーズン🍇危険度:★★ 🐶
原因は解明されてませんがぶどうやレーズンを食べると急性腎不全を引き起こす場合があります
症状:摂取後24時間以内の嘔吐や下痢、食欲不振
パンをついついあげてしまったりしがちですがレーズンパンには要注意です!🙀

・百合子🌼 危険度:★★★ 🐱
百合子だけでなくユリ科の植物にも要注意です
摂取が少なくとも急性腎不全を引き起こし死に至る場合があります
症状:摂取後12時間以内に嘔吐、食欲不振、沈うつ、多飲多尿

猫ちゃんは草を食べる習性があるのでユリ科の植物や観葉植物を自宅に飾られる場合は注意してくださいね😿

 

万が一、食べてしまった場合は食べてしまったものの残りなどをご持参の上、できるだけ早く病院にいらしてください
中毒を起こす前に治療をすることが大事なので分かった時点ですぐご相談いただければと思います

でもまずは食べないように注意してあげましょうね😌

 

 

 

診療時間

03-3695-7019

水・祝日以外
AM   9:00~PM12:00
PM   16:00〜PM19:00

水・祝日
9:30〜17:30 (予約制)

診療対象動物

犬・猫・ウサギ・フェレット
ハムスター・モルモット・その他

診療科目

皮膚科・循環器科・消化器科・泌尿器科・内科・外科・脳神経科・免疫疾患・ワクチン・その他

診療対象動物

犬・猫・ウサギ・フェレット
ハムスター・モルモット・その他

診療科目

皮膚科・循環器科・消化器科・泌尿器科・内科・外科・脳神経科・免疫疾患・ワクチン・その他

アクセス

〒124-0012
東京都葛飾区立石1-21-17

大きな地図で見る

お支払い方法について

現金
各種カード使用可能
クレジットカート種類

各種保険取扱いについて
アニコム損保窓口精算対応可能
アイペット窓口精算対応可能

アニコム損害保険株式会社
アイペットペット保険対応動物病院

(診療の際は保険証を必ずご提示ください)
他各種保険対応可能

診療明細書発行

*診療報告書、経過報告書などの各種書類発行も可能です。
ご不明な点がございましたら、受付スタッフまでお問い合わせください

インスタグラム
ライフメイト動物病院グループ
ひがし東京夜間救急動物医療センター
東京大学付属動物医療センター
calooペット