いつものきみが好き
    立石動物病院

地域密着型の医療をお届けします。

フードの選び方&療法食について🍖

2017年10月1日

今日はペットのフードのことについてご紹介します🙋

フードの事でお悩みの飼い主さんも多いと多いと思います
「この子に合ったごはんはなんだろう?」
「フードの種類がありすぎて…どれがいいの?」
「手作り食ってどーなんだろ?」
など色々な疑問やお悩みがあるかと思います

フードを選ぶポイントのひとつとして
総合栄養食と一般食また、療法食の違いを知ることも大切です

*総合栄養食*
犬や猫が必要としている栄養素をすべて含んだフードのこと
(新鮮なお水とそのフードのみ与えていればOK🙆)

image
*一般食*
味付け程度のもの
ほとんど栄養はありません
例えると…ふりかけ

image

ペットショップやホームセンターなどでフード買うことが多いと思いますが
ラベルの裏に記入されていることが多いので購入時に必ず確認してください

*療法食*
その疾患に合わせ特定の栄養成分の量や比率の調整がされているフード
獣医師の診断によって処方されるフードのこと

image

ただし、療法食はお薬ではありません!
そのごはんを食べてれば他のも食べてOKというわけではないんです🙀❌
先ほど説明したように療法食はその疾患に合わせて栄養素を調整したフードです

例えば…
食物アレルギー用のご飯はアレルギー症状を起こす原因となるタンパク質をアレルゲンとなりにくいタンパク源から構成したフードです
(鶏肉のタンパク質❌→大豆タンパク質⭕️)
人だってアレルギー症状のでる食べ物が入ってるものは食べれないですよね😓

せっかくアレルギー症状となるタンパクが入ってないごはんを食べていてもオヤツや他のごはんにアレルギー症状を引き起こすタンパク質が入っていたらせっかくアレルギー用のフードを食べる意味がなくなってしまいます😭

これは結石用のフードを食べてる子や腎臓用のフードを食べてる子など、療法食を食べている子全てに当てはまります

「いつも同じごはんでかわいそう…」
という気持ちもあると思いますが大事な家族を守るためにしっかり食事の管理をしてあげてくださいね😸💕

診療時間

03-3695-7019

水・祝日以外
AM   9:00~PM12:00
PM   16:00〜PM19:00

水・祝日
9:30〜17:30 (予約制)

診療対象動物

犬・猫・ウサギ・フェレット
ハムスター・モルモット・その他

診療科目

皮膚科・循環器科・消化器科・泌尿器科・内科・外科・脳神経科・免疫疾患・ワクチン・その他

診療対象動物

犬・猫・ウサギ・フェレット
ハムスター・モルモット・その他

診療科目

皮膚科・循環器科・消化器科・泌尿器科・内科・外科・脳神経科・免疫疾患・ワクチン・その他

アクセス

〒124-0012
東京都葛飾区立石1-21-17

大きな地図で見る

お支払い方法について

現金
各種カード使用可能
クレジットカート種類

各種保険取扱いについて
アニコム損保窓口精算対応可能
アイペット窓口精算対応可能

アニコム損害保険株式会社
アイペットペット保険対応動物病院

(診療の際は保険証を必ずご提示ください)
他各種保険対応可能

診療明細書発行

*診療報告書、経過報告書などの各種書類発行も可能です。
ご不明な点がございましたら、受付スタッフまでお問い合わせください

ライフメイト動物病院グループ
ひがし東京夜間救急動物医療センター
東京大学付属動物医療センター
calooペット